B2NY

b2ny.exblog.jp
ブログトップ

$2の重さ

c0064796_14213679.jpg

ひいみ師匠&ひじきママンの叫びが聞こえてきそー(笑)。
そして、(別の意味で)りっきぃの叫びも…(爆)。

先週、トリオで出かけたアンティーキングで、
師匠が1ドルのパーコレーターの蓋で迷うなら、
アタクシが迷ったのは2ドルのグラス(爆)。

色に一目ぼれしてしまったのですが、
うまい使い道が思い浮かばず、その場は諦めたのデス。

駄菓子菓子ッ!

まてよ。
これに小さなキャンドルを入れたら、
とてつもなく素敵なんじゃない???


昨晩、この考えが浮かんでしまったら、
もう止まらない(爆)。

不眠状態のまま、
次の瞬間、気づいたら店内で物色していました(爆)。

1960年代のモノだそうです。
店主のおぢさん、仕事やる気ないくせに知識はあります(見くびっちゃいかん)。
当時(今も?)、こういうグラスは幸運を祈るために、
暖炉へ投げつけて割ったんですってよ~。きゃ~もったいないぃ~!!!プラス…

「え~その後、誰かがそこでガラス踏んで怪我したら、危ないぢゃないですかっ!
誰が掃除するの???そのガラスの破片!うわっ。よくそんな自殺行為するわ~」

よく食器を割るアタクシには、それが最大の問題でした(爆)。
思わずやる気なし店主に熱く説教してしまったのデス(汗)。

その後、ヤヤ子のマフラーをお店に忘れたかと思い、
(後に、ヤヤ子の後頭部に丸まっていたマフラーを発見。爆)
やる気なし店主に…

「もしあったら、取っておいてくださいね~。お願いしまぁ~す♪」

と言ったところ。

イヤダね。売る。」

即答されたぞん。なのでした。

うー説教リベンジか!(笑)
やる気ないくせに~!!!(もういいって)
[PR]
by 55B2 | 2007-02-01 14:21 | 古いもの☆