B2NY

b2ny.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

もしも…一日が72時間あったなら。

c0064796_1122694.jpg
                     ややこの一番の宝物。

体力の許す限り、バレエを見ていることでしょう(汗)。
そんなややこの一番の愛読書であり、そして宝物であるのは…
それは、上の写真のバレエのパンフレットたち。
チケットセンター脇においてある、『ご自由にお持ち下さい』なヤツです。

ななこにビリビリに破かれたり、
めくりすぎて綴じ目がこすれ、バラバラになってしまったりして、もうボロボロ
そこをガムテープガンジガラメに固めなおされ、
おそらく世界で一番水や傷に強いパンフレット』に変身しています(笑)。
このパンフレットたちにとっての勲章ですね、ハイ。

ちなみに、これら…
お友達からいただいたり、私がもらってきたモノもあるのですが、
大半は、りっきぃからのややこへの3歳の誕生日プレゼント(爆)。
大喜びで毎日穴があくほど眺めてウットリしているややこを見ていると、
プレゼントって値段じゃないんだなぁ~と改めて実感…
わが身の俗っぽさを認識するわけですが(笑)。

でも私は、パンフレット眺めて想像力を働かせて楽しむよりは、
断然舞台の方をみたい!わけで、
きっとこの俗っぽさから抜け出ることないでしょう(爆)。
つくづく大人って嫌ですねぇ~。わはは。
[PR]
by 55B2 | 2009-07-30 11:01 | ややこな日々☆

森のようちえん。

c0064796_23591283.jpg
              こんな風に、山道に分け入ってゆくわけです。

マンハッタン日本と比べると、何かと選択肢の少ないフォレストヒルズ。
その分、ママたちの教育に関する意識(お勉強だけでなく、遊びに関しても)は高く
何とかできることは、自分たちでやっちまおう!精神強いように思います。
グータラ母ちゃん@ぞん。には、とても有難いことです、ハイ!

そんな中、ママ友寅ちゃんの発案で、
森のようちえん@フォレストヒルズ』開催です!
森の幼稚園とは、
「毎日森に出かけて季節を感じながら、自然から学ぼう!」
というデンマーク発祥教育理念を実践する幼稚園のことです。

Forest Hillsは、土地の名前を『森の丘』と名乗るだけあって、
少し歩けば、森みたいな公園があります。
セントラル・パークをデザインなさった方の手にかかるこのフォレスト・パークは、
なんとセントラル・パークより広いんだとか!ホントかな。
(だったら、セントラル・パークにあるみたいな動物園も欲しいな…)

とりあえず、今回は初めての子も多いということで、
その中でも一番短い道を入っていくことになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

c0064796_0272018.jpg大人の足であれば、5分もかからないようなシンプルなコースですが、さすが男の子のママである寅ちゃん、「秘密基地、探そっか!?」な~んて言って、子供の冒険心くすぐり方を心得てます(笑)。

秘密基地探し以外にも、途中にこんな立派な天然の『石の滑り台』もあったりなんかして、子供たちは大喜び

そして、一番触れてもらいたかった虫関係ですが、この日遭遇したのは藪蚊ばかり(涙)。
まぁ~ブンブンブンブン…怖気の走る音を延々と発してくれました…トホホ(涙)。

それでも、"元"虫愛ずる姫としてのプライドをかけて(←吹けば飛ぶようなプライド)、
発見しましたよ、虫さんを。それは… 

ミミズさんですっ!…しょぼっ(笑)。

c0064796_1335914.jpg子供のくせに虫が苦手インドア&シティ派ややこに、少しでも偉大なる自然の仕組み馴染んでいただこうと~

ミミズさんはね、お砂(※土のことを砂というややこ)を食べて~ウンチ出すの。
そしたら、葉っぱさんはミミズさんのウンチが大~好きだから、パクパク食べて、大きくなって、ややちゃんの大~好きなお花が咲いたりするんだよ♪
(あってるかな?)」                     ミミズを指差し確認中。決して近寄りません(笑)。

なるべく分かりやすく簡潔に説明したつもりだったんですが…

「お花さん、ミミズさんのウンチ食べるの…」

なんて、遠い目になっちゃった。え。逆効果ですか?(汗)
輝く乙女心に自然の仕組みを納得感動させる道のり遠そうです(汗)。
う~ん。なんとも教育の難しさ実感した一日だったなぁ~(笑)。
[PR]
by 55B2 | 2009-07-23 23:57 | ややこな日々☆

感動のサマーキャンプ体験。

c0064796_1591277.jpg
            茶色の紙袋に耳と目鼻&尻尾をつけたアライグマ氏を
                   講師に迎えての講義中(笑)。


彼女の内弁慶ぶりは、並大抵のモノでないので、
9月のナーサリー開始までに、
それも少しは緩和されるかな?と期待して…
この夏は、初サマー・キャンプへ放り込むことにしました。

キャンプといえども、別にテントを張って過ごしたりするわけではなく、
近所の小学校を借りて、1週間ほど午前中いっぱいのクラスがあるだけ(笑)。
校庭で水遊びをしたり、クラフトをしたり、粘土で遊んだり、
お歌のお姉さん&ギタリスト君が教室を回って歌を歌ってくれたり、
そして、毎日オヤツ・タイムがあります。
毎日の送り迎えは必須ですが、ややこ、生まれて初めてのドロップ・オフ体験!
果たして、私と離れている間も楽しく過ごせるでしょうか…無理だろうなぁ。

というわけで。
「セパレーションが出来ないお子さんが心配な場合、親御さんはついていても結構ですよ」
とのお言葉に甘えて、しばらく様子見をしながら滞在することにしました。
初日は隣に座って、2日目は遠くに座って、3日目は少し教室から離れてみて…
徐々にフェイドアウトする計画(笑)。

ところが!
初日こそ赤紫の頭の先生に怯えて(笑)私の陰に隠れていたものの…

3日目には、
「お歌の先生が歌い終わった後、自分から先生にハグしに行っていたわよ!」
えー本当ですか?

4日目に、
「JOY(ややこの英名)に、粘土で遊ぶ?って聞いたら、イエス!って英語で答えたわよ!」
そう言われた時には、不覚にも先生の顔が涙で曇りました(笑)。
あれもこれも、クラスで唯一英語が分からなかった上に体も小さかったややこを、
先生たちが、こまめに気遣って下さっていたおかげ。

結局、セパレーションができなかったのは私の方だったようで…(汗)。
教室で子ども達の相手をするのが妙に楽しくなってしまった私は、
結局最終日まで家へ戻ることなく、先生のサポートをしたり、
裏方として、色々な教材の準備やオヤツの支度をして、過ごさせていただきました。

そして、最後に知った事実。
このキャンプは、プロテスタント系の教会が主催していたのですが、
今回一生懸命に子ども達と過ごして下さった先生方、
アシスタントのお兄さんお姉さん方、
全員が無料奉仕のボランティアさん達だったということ!(驚)
どうりで参加費が異様に安かった…。

しかも、州外も州外、セントルイスから、はるばる団体を組んで、
このキャンプのためだけに、来て下さったんだとか!
その費用も全て、信者さんたちからの寄付でまかなっているんだそうで…。
アメリカって嫌なモノもいっぱい見せられるけど、やっぱり懐が大きいなぁ~。

そして、最後にキャンプに参加した子ども達によるコンサートがあったのですが、
ややこのクラスの子たちに、すっかり思い入れができてしまった私、
体全体を揺らして楽しく歌い踊る姿を目の当たりに、
「あの子は、最初ずっと泣いていたのになぁ・・・」などと、
1週間の間の彼らの成長に思わずウルウル(笑)。

「オヤツ・タイム、ややちゃん、みどりのムシ食べたのよ♪(ミミズ形の緑のグミか?)」
と言われてギョッとさせられたのも、良い思い出(?)。
毎日の毒々しいオヤツの数々でさえも、今となっては有難く思えます(笑)。

親の方が学ぶことの多かったサマー・キャンプ体験。
来年も参加させよう!そして、来年も又裏方をさせていただくぞ!
そう決心したのでした。

c0064796_1604299.jpg
                     ややこの担任Miss Vと。
                      キャンプのお陰で、
                 ややこの笑顔も一回り大きくなりました♪

[PR]
by 55B2 | 2009-07-23 15:03 | ややこな日々☆

心臓。

c0064796_743333.jpg


ジャック・バウワーがテロリストを追っかけて飛び出てきそうな場所ですが、
これ、実は我がアパートの地下でございます。
表は何の変哲もない、
NYではいたって普通の戦前のレンガ建てアパートなのですが、
その心臓部は、こんなんなってるんですねぇ~。

ここは、先日までアスベストの除去作業のため
立ち入り禁止だった場所だったりするのですが、
こうして外見古く残したまま、中身は今の生活にあうようにリフォーム☆
古いものをチョコチョコ直して使っていく姿勢って、好きだなぁ~。

今年85歳になる、私達のアパート嬢
ホテルとして使われていた華やかなりし頃から
一般住宅として生まれ変わった今日まで…
お色直しを繰り返し繰り返し…
元気いっぱいに、住人達の一日守ってくれています!
ありがとう。これからも、よろしく頼むね!
[PR]
by 55B2 | 2009-07-19 07:03 | NYな日々☆

最近のやや語録☆

c0064796_731081.jpg
                ジジ&ババからの誕生日プレゼントである
                大のお気に入りのピンクのワンピースを着ると、
                自然と笑顔もピンクになります(笑)。
  
         
まったくお洒落でない私を、
常々哀れに思ってくれているらしいややこ(笑)ですが、
彼女の大好きなピンクのリボンのついたサンダルをはいて
お出かけした日のこと。

ややこ : 「まみぃは、かわいいクック、はかない?」
ぞん。 : 「だって、ややちゃんみたいなかわいいの、まみぃ、持ってないし…」
ややこ : 「もってるよぉ~!まみぃ かわいい~の。あの ツノ ついてるの。
        あれ はけばいいとおもうよ あたし!
        (↑最近、語尾に『あたし』、とつけるのがブーム)」
ぞん。 : 「つの???」
ややこ : 「そうだよ~!つのつの!」

ややこの身振り手振りから理解したのは、
どうやら『角=ヒール』らしい、ということ(笑)。
確かにがついているように見えなくも無い…かな?(笑)
以来、ヒールをはいた女性を見かけるたびに、
それが牛の頭に見えてしょうがないぞん。なのでした(ないない)。
[PR]
by 55B2 | 2009-07-16 07:30 | ややこな日々☆

ムコウミズ。

c0064796_3511217.jpg
                    上腕二頭筋、鍛えてます!
 
うなり声がすると、大抵こんなことになっています(笑)。
しまい忘れられたハチミツを発見したななこ…
チューブ物マニアとして、
放っておけなかった気持ち分からないでもありませんが。

椅子をよじ登ってテーブルに上陸したまでは良かったのだけれど、
気分をかえて、反対側から降りようと思ったのが運の尽き
伸ばせど、伸ばせど、短い足届かない(笑)。
そして、何度やっても学習しない(涙)。

数分でも目を放すとコレなのです。
今日はどこから落下するつもりかなぁ。
あぁ~あ
[PR]
by 55B2 | 2009-07-09 03:50 | ななこな日々☆

集結!2008年生まれ。

c0064796_13483125.jpg
          この写真を見て、(椅子には座ってませんが)あの印象的な
          映画『セント・エルモス・ファイヤー』のポスターを思い出して
          しまいました。あ。年ばれました?(汗)
          後部にうつる足は、ややこでござんす。


ややこななこには、
色んな年齢のお友だちみつけてあげたいなぁ~と常々思っていたのですが、
たまたま同じ年のお友達だけが、ご近所にほとんどいなかったななこ。
そこでギャロ君(仮名。右端の男の子♪)のママに紹介してもらったのが、
この写真に並ぶ面々…皆、同い年ですよ~!一気にお友だちが増えました☆
積極的に襲撃しようと遊ぼうと、お友だちに寄っていくななこを見ていると、
実にありがたいやねぇ~の一言です!

本人たちの国籍アメリカですが、
ママ達は、台湾系、アメリカ系(?)、イスラエル系、そしてモチロン日系…と様々。

当然、文化が違えば、生活も習慣も違うわけで、
離乳食レシピを披露しあったり、親としてもとても有意義で楽しかったひと時でした♪
そして、共通していたのは、全員が我が子の写真撮りまくりだったこと?(爆)
一時期、写真を撮るのは日本人観光客の専売特許みたいに言われてましたけど、
国籍問わず、ママたちの方が断然凄いよね…(笑)。

しかし、ななこめ。一番のチビなくせに、ホーク君(仮名)の気の優しさに付け込んで、
彼ににじり寄るやいなや『ギャッ』と一声威嚇、オヤツの入ったカップをガバッと奪い取り、
中からお菓子を鷲づかみにして頬張っておりました…(汗)。
その様は、まさに生け贄を求めて放浪していたピラニアが、
極上の獲物にめぐり合った瞬間(恥)。
うぅ…先が思いやられます…ジャイ子街道まっしぐらですもの…(涙)。
頼むから、奥ゆかしいヤマトナデシコの血だけは忘れないでおくれよ~。

c0064796_15102642.jpg
                 証拠写真:タイトル『美男と野獣』…
[PR]
by 55B2 | 2009-07-08 13:47 | ななこな日々☆

憧れのバレリーナへの第一歩!

c0064796_8181142.jpg
                 一番手前が、ややこでござんす。
                    にっとちゃんもいるよ♪


ようやく年齢が足りるようになり(3歳からなのです)、
憧れ憧れて焦がれ焦がれバレリーナになるべく、
ややこのバレエ・クラスがスタートしました!!!

とはいえ、3歳児のクラス名は『Creative Movement』。
最初からキトリを踊れると期待していた節のあるおめでたいややこには、
ライオンの鳴きまねチョウチョになりきって踊るクラスは、理解不能(笑)。
英語も分からない彼女には、突然まわりが獣のような声をあげて這い回るのを
恐怖心を持ってみていたようで・・・?(笑)

ま。とりあえず、言葉からじゃろ!と、
チョウチョのダンスをする前に、先生に必ず質問されるお決まりの文句
あなたのチョウチョは、何色?」の英文と、
ややこの答え英単語に直して教え込むことにしました。

そこで、ややこのチョウチョの色をたずねてみると…

キンキラキンキラ♪ 」

だそうで(汗)。
明らかにドンキホーテシンシア・ハーヴェイーが着ている、
白×金色の衣装に影響を受けてます(笑)。
確かに、キレイな衣装でしたが…
えーと。
英語でどう説明したらいいのかな(笑)。

そんな感じに夢いっぱい胸いっぱいで始まった(?)バレエ・クラス。
ややこが生まれた時、彼女のミドルネームを、
大好きだったニーナ・アナニアシヴィリからいただいて、
ニーナ』にしようか!?と真剣に悩んだバレエ好きな母さんを、
将来、君の出るABTの舞台に招待しておくれよね~♪
[PR]
by 55B2 | 2009-07-07 08:17 | ややこな日々☆

ななこ、1歳☆

c0064796_1341012.jpg
               やっぱり、どこかナマイキな顔してます(笑)。
                歯は、上下前歯が2本づつ生えました♪


ななこも1歳です☆
あれから1年かぁ…

実は、生まれてすぐに黄疸と診断され、乳児用集中治療室に入院して1週間
黄疸なんて、多かれ少なかれ皆なるものだから大丈夫でしょ。
…と楽観視していた親をよそに、数値がなかなか危険値から下がらず
遂にはおへそに管を通して、全身の8割だったかな?(←もう忘れてる。汗)
血液を入れ替える手術をする、という同意書にサインさせられたんです。
しかも、脳に障害が残る可能性があるだの…色々と脅され、
毎日毎日、涙がちょちょぎれた1週間でもありました。

あれから1年ですかぁ…

退院後のななこは、つい先日引いた風邪以外は、
ただの一度も病気になることなく、この1年間無病息災で過ごしました。
むしろ元気に生まれた子供たちより健康だったかも(笑)。
生まれて1週間の間つらい思いをした分、神様がご褒美を下さったのかな?
そんなわけで、ななこには「無事に生き抜いてくれて、ありがとう!」の一言。
甘~く甘~く育てよう、と決めたのです。

お陰さまで、
なんとも心根の優しい…そうですね。
敢えて言わせていただくならば、白雪姫のような娘に育ってくれています。








…んな訳はなく(爆)。
最近、善悪の区別がつき始めてきたらしい彼女。

いつの間にか歯磨き粉日焼け止めといったチューブ物
どこから見つけてくるのか?(←どうやら、ややこが渡しているらしい)
蓋をあけてウットリと味わっている姿をとらえられると、
私の方を見てニヤッと笑うやいなや、一目散にハイハイ逃走します(爆)。
その早いことといったら!!!

悪さをしている現場を押さえられると、一瞬にして凍りついたように観念し、
悔い改めて新たな人生を歩もうとするややことは違って、
こっちは、一瞬にして逃亡犯への道を選ぶ破滅嗜好の女(汗)。
この狭い部屋の中をどう逃げ切る勝算があるのか分かりませんが、
まぁ~とにかく逃げる逃げる(笑)。
その一生懸命さには頭が下がります

そして、捕えられると悲鳴をあげながらバタバタ暴れ
ブツを奪われると、絶叫の後に大泣き…(汗)。
実に手におえません

(この、暴れ虫めっ!!!)

悪態をつきたくなるところを、
(あの入院時の気持ち思いだせ@ぢぶん!!!)
そう言い聞かせ続けている今日この頃なのでした(笑)。
[PR]
by 55B2 | 2009-07-03 01:33 | ななこな日々☆