B2NY

b2ny.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ケンカ百景。

c0064796_21561539.jpg


外出先で、隣にいた男女がケンカを始めました

男 『今の君は、僕に対してかなり自己中心的になっているよ』
女 『私はあなたを楽しませたいと思って、このイベントを調べて、
   会社の休暇まで取ったのよ!
   なのに蓋を開けてみれば…帰りたい、帰りたいって!』
男 『それは悪かったと思ってる。
   だが、僕の言い分を聞いてくれてもいいんじゃないのかな?』
女 『あなた。お願いですから、声のトーンを抑えて下さいな!』
男 『僕だって、冷静に話そうとしているんだよ。まずは僕の話を聞きたまえ。
   なんだって君は、僕の嫌な面ばかりを引き出そうとするんだろうな!』


むむむ。
だんだんとヒートアップしてきます…
これは、ちょっとマズイ雰囲気…
ここらで仲裁に入った方がいいかな…

というような心配は無用の長物愚の骨頂!(使い方、違?)
だって、その男性は…





9歳なんですから~





台詞だけ聞いてると、まるで大人でござんす。
もちろん、相手の女性は彼のママ(笑)。
少年(かなりの美少年ですぞ~)は終始冷静に自分の気持ちを表現していたのですが、
最後には『リセス(※ピーナッツバター味のチョコ)が食べたい』って、
泣いていました(微笑)。
ちょっと子供らしさを垣間見て安心したのは、私だけ?(笑)

アメリカ人は、子供を一人前の大人のように扱います。
たとえ相手が3歳でも、とことん話し合って理解しあおうとするんです。
当然、子供の方も自分の感情を表現する術にたけてくる…?
9歳にしてすでに青年弁護士な風情を漂わせるこの美少年、
ぞんはほ、ほ、惚れちゃったんだぞぉ~(オイッ。しかも、照れてどもるなッ。笑)


※写真は、街で見かけたレトロなトラックに乗っていたブルさんでーす☆
  踏ん張ってます!(笑)
[PR]
by 55B2 | 2005-08-31 21:31 | ぞんな日々☆

親ばかKING、再び。

『こんなに可愛い姿を見て、振り返らないなんて信じられねー!』
『ニューヨークのヤツラって、本当に分かってないよなッ!』

ドライブ中、何をブツブツ言っているのかと思えば、
車窓から覗くびぃさんを、
通行人の方々が振り返ってくれない
…というのがいたくご不満な様子のりっきぃ。

でも私に言わせれば…
振り返ろうにも怖くてできなかったのではないかと。


いかがでしょう?


向かい風にあおられて、
当然、顔面スネオ分けでございます。
しかし、胴長いなー!(爆)







c0064796_15133824.jpg



さて。
日記をよんで触発された者様より、暑い熱~い詩をいただきました。
素晴らしい作品なので、ここに謹んで公開させていただきたいと思います。

顔毛をゆらす風がここちよい
もう秋の匂いだ
ウインドゥを20センチ下げて背伸びして見る世界
俺の住む町ニューヨーク
街の女達は俺のスネ夫分けに夢中
俺の熱い視線を待っている
おっと、でも熱すぎるのは彼女達には毒だ
熱中症にはの注意しなけりゃいけないぜベイべー
37度の視線を送ることにしよう
俺の体温も37度
俺に包まれているみたいだろベイべー
おっと、アメリカじゃ華氏だった
胴長なんて後ろからみなきゃわかんないだろ
どうせ・・・スネ夫分けは車動いている時だけさ


兄たん、ありがとー☆
[PR]
by 55B2 | 2005-08-28 15:08 | ワンコな日々☆

初のオートクチュールですたい。

c0064796_314154.jpg
仲良しのアンティーク好き&犬好きな友達から、
ステキ過ぎる誕生日の頂き物をしましたっ。

ティー・コゼーです!
パイレックスのティー・ポット用に作ってくだすったとですよ!

お裁縫が得意でセンス抜群の彼女には大きな夢があって…
その夢も遠くはなさそうだ!そう予感させる一品です♪
う~ん。夢見る大人はステキ!だ。
会うたびに、良い刺激を受けているぞんなのです。

家宝にして子々孫々に伝えるねッ。
百万回のありがと~!!!
[PR]
by 55B2 | 2005-08-24 03:09 | ぞんな日々☆

羊たちのヨンさま、来牧場記者会見。

c0064796_121134.jpg


ねぇ!
あれって…。
もしかして。






c0064796_1265024.jpg

きゃ~!!!!!!
そうよ、そうだわ!!
アンタ、どきなさいよメェ~!
私が先よメェ~ッ!
あっちいけメェ~ッ!
デカイ人は後ろへ並べメェ~!




c0064796_1231224.jpg


きゃ~ホンモノだわメェ~!

いや~ん。
無造作なヘアスタイルが、
ちょっとイケテるメェ~♪

テレビで見るより、
胴体長いわメェ~。

何か言わないのかしらメェ~?

でも、あのピクピクしている口元、しびれるわメェ~♪





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

c0064796_124227.jpg
なんつって。
実際の羊界のヨンさまは、大群で走り寄るメェ~さんたちに怯えて、吼えまくりです(笑)。

私たちが寄ると逃げていくのに、
びぃさんがいると、
メェ~が小走りで寄ってくる~
ミステリーです(笑)。


遠くで、ボーダーコリーさんが首を斜めにして、こちらの様子を伺っていました。
お仕事の邪魔をしてゴメンよ~。
以上、HOPEという街での一コマでした☆

c0064796_1244020.jpg
そして当然、
ここでもバーガーをいただきまーす☆
ニュージャージーでテキサス?という疑問は置いておいて、
その名もTexas Hot Burgerなのだ。
辛いんだよ~ん。

びぃ~る片手にグビッといきましょー☆
[PR]
by 55B2 | 2005-08-21 23:33 | ワンコな日々☆

生誕しました。<夜の部>

c0064796_126297.jpg


『今年の誕生日は、何が欲しい?』
…とは特に聞かれてなかったけど(爆)、私がりっきぃにリクエストしていたプレゼント。

まるまる一日主婦おさぼり権~!(爆)

朝起きたら、正装のりっきぃがベッドに手作りの朝食を運んでくれて~
(モチロン、その前にびぃの散歩は済んでいる
お昼は優雅な手作りランチ(フレンチ)を。
午後からは洗濯と掃除
お夕飯を作ってくれた後には、またびぃの散歩
〆は足の裏マッサージ
そして、この日の私の呼称は…終日マドモアゼェ~ル♪(独身かね)

これまでの誕生日時期、
「プレゼントはいらないから、アタイに感動の涙が滝のように流れる手紙を書いてぇ~」
などと難題をふっかける私に、
冷たく「僕はお金で解決したい」と言い切ってきた男、りっきぃ。

だが、今年は違った!
な~んか、びぃの頭が入っていそうなサイズに膨らんだビニール袋を
キッチンにコソコソ持ち込んだり・・・
私が寄っていくと、パソコンの蓋をパタリと閉じたりする。

際限なく怪しい…

そうして迎えた問題の夜

c0064796_128352.jpgじゃ~ん☆

なんとフォー(ベトナムのラーメンね)を
作ってくれました!(美味しかったヨ~☆

どう転んでもりっきぃの大好物であるところが
引っかかりますが(笑)、
ちゃんと骨を3時間も煮込んでダシを取ってるの。
凄いねー

そう!
あの袋の中身はびぃの頭骨ではなく、
牛骨だったのです!(当たり前だっ)


これまで、まずかったり嫌いなものが入ってたりすると…
こんなの食えねぇーよ!僕、死んじゃうよ!
とハシを投げていた、あのりっきぃが…

君の苦労が分かったよ。料理を作るって大変なことだったんだよね。
 まずいからって、食べないのはヒドイことだ!僕はなんてヒドイ奴だったんだー!


と言ったのですよ!!!!!
今も残しはするけれど(オイ)、謝りながら残すようになりました。
これが、彼からの過去最大級のプレゼントかもしれませんっ(笑)。

c0064796_152369.jpg最後には、オードリーのところに持っていったケーキの残りで作ったミニミニケーキ(写真トップ)と、りっきぃが買ってきてくれたエクレア、プリン、シュークリームで飽食の夕べを〆ました(笑)。
エクレア(→)でかいでしょ???
ビール瓶なんかに負けないわよッ
…って言ってます(笑)。

今年の誕生日、
日本の家族&親戚や友人はモチロン、何年も音信不通だった友人から便りが届いたり~
そして、ネットでお友達になった皆様からも暖か~いメッセージをいただいたり、なんかこれまた特別な嬉しい年になりました☆ 皆さん、ありがとう!
[PR]
by 55B2 | 2005-08-13 03:07 | ぞんな日々☆

生誕しました。<昼の部>

c0064796_23292975.jpg
今日は、我輩の誕生日っ♪
毎年恒例、3人の合同生誕祭へ招待していただきました!
メンバーは、40歳近く年上の私の双子(同じ誕生日なの)のお姉さんであるオードリー&以前、同じアパートに住んでいた9月生まれのグロリア☆(合同でいいのか?@グロリア)

持ち回り開催の今年はオードリーの家の番!
楽しみなお誕生日ランチは…
エビマヨセロリ・ドッグとナッツのサラダでした♪
シンプルでオイシイよ☆


c0064796_23361843.jpg
オードリーはバディというMプードルを飼っているので、びぃも連れて行きます。
すっかりソファの下が気に入っちゃって、中から出てこないしっ(写真右)。
やっぱり小屋、作ってあげようかなぁ~。


観察していると…
白昼堂々、バディのオモチャやオヤツを巻き上げて(←びぃの方が強い)、基地(ソファ下)へ持ち込みます(トホホ)。
もー犬界のジャイアンだよ…。


c0064796_2359683.jpg
バディは俺流の男。お散歩する際も、ココの道は右端を歩き、こっちの角は鋭角に曲がるべし…等々、自分流が確立されているので、私が間違って道の左端を歩こうものなら、固まって動いてくれないのデス(笑)。

c0064796_0151820.jpgc0064796_0155516.jpg
で!こちらがプレゼント交換で、いただいたモノ☆FK2000年復刻版のお皿(なんていうんだっけ?)と伝説のジャズシンガーSarah VaughanのCD&とある雑誌(インテリア、旅行、料理など全般に渡った内容の雑誌らしい)の年間購読権!う…嬉しい…っ。

こんな感じで、食べて喋って楽しいお昼を満喫させていただいたのでした☆
[PR]
by 55B2 | 2005-08-12 23:21 | ぞんな日々☆

かいじゅうたちがいたのは…

c0064796_3293780.jpg
挿絵を見ただけで(ぅおぉぉおぉおぅ!!!
と私が心の金銭琴線を揺さぶられる本に、
かいじゅうたちのいるところ(1963年初版)』があります。
絵を見たら、皆さんも(あ~!あれね!)と思われること間違いなし!(←写真左ネ☆)


c0064796_3302477.jpg
この作者のモーリス・センダックさんですが、ユダヤ系ニューヨーカーだったんですよ~
そんなわけで、8月14日までユダヤ美術館(写真右)では、『モーリス・センダック展』が開催されており、もーっちろん行って参りました!!!
抜け目なく「Pay what you wish day(入場料が任意な日)」を狙って…(セコッ。)

しかしっ。あの絵本の原画を数センチの距離で拝める日が来るとはっ。
う~っ。人生捨てたモンじゃないぞよ!と、小学生の頃の自分に教えてあげたいッ!

さて『かいじゅうたちのいるところ(原題:Where the wild things are)』ですが、
実はセンダックさんが最初に着手していたのは、
お馬さんたちを主役にした『Where the wild horses are』でした。
そう!『かいじゅうたちのいるところ』は『野生馬たちのいるところ(?)』であり、
つまり、生まれるハズではなかったのです!

ところが、センダックさん…肝心の馬を描くのが下手だった(爆)。
その解決策として、主役をお馬さんからかいじゅうに急遽変更です!(笑)
下手でありがと~!と思わず感謝の言葉なんぞをツブヤイテしまうのであります。

そして、そのかいじゅうさんたちですが。
親戚の伯父さん叔母さんたちをモデルにしているのだそうデス(笑)。
そう思ってみると、こういう顔をしたオジサン&オバサンたち、
NYの巷には溢れていますよね~(笑)。

毎週末やってきては、ホッペタをつねったり(※愛情表現)、
家のご飯をモリモリ食べ尽くしていくオジオバは、
食べ盛りであったモーリス少年にとって、まさにモンスター(笑)。
絵本に採用されなかった挿絵には、主役のマックス少年がテーブルの上に乗っかって、
スパゲティーをつかみ食いしている図も。
(かいじゅうたちがやってくる前に、食べておかなければ!)
…との危機感(トラウマ?)を思い出してのことか(笑)。

c0064796_9433147.jpg

そんなオジオバをうらめしく思いながらも、
彼らの飛び出た鼻毛なんかを細かく観察しては、
子供同士で笑いあっていたのだそうです(笑)。
それが、この絵本の生まれる基礎に…。
つくづく才能あふれる甥は持ちたくないもんだ(笑)。

しかし、そんな裏話を知ると、
この『かいじゅうたちのいるところ』がますます楽しい、
大人向けの風刺漫画にも思えてくるから不思議です☆

第二次大戦時、東ヨーロッパからの移民でもあったモーリス少年は、
多くの親戚をホロコーストで失っています
そんな彼の心の中に存在し続けた親戚のオジサンオバサンは、
オカシクも懐かしい、そんな愛しい存在だったのかもしれません。

そして、彼らはかいじゅうとして、世界中の人の心に生き続ける…
って、果たして嬉しいことなのかなぁっ???(笑)
いえいえ。オジオバたちも虹の向こうで
むむぅ!モーリスめ!)って笑いながら、
今頃、センダックさんをとっちめていることでしょう☆
[PR]
by 55B2 | 2005-08-11 09:36 | ぞんな日々☆

ゴマ子な日記。

c0064796_10252515.jpg
7月20日以来のゴマ子な日記です。
ナゼにこれほどの間が開いてしまったかというと…
実は悲しい出来事があったのです。

ゴマ子たちが、突然のダイエットを始め、
遂に床に伏してしまったのでした。

伏してしまった後は、身が細る一方で…(涙)。
お食事も朝晩、あげ過ぎには注意して…
キチンとお世話をしていたのに。

7月25日のことでございました。


そこで。
二人だけ、細身ながらも顔色はまずまずの姉ゴマ子たちに加え、
新たにゴマ子の妹たちを植え、様子を見ることに。

これが現在のゴマ子たちの様子です。
ゴマ妹は、生えてきたときから段違いに太い足腰(笑)。
生命力ももの凄くて、メキメキ大きくなりました。
そう、手前がゴマ妹なんですねぇ…。

ゴマ姉はというと(写真奥)、
細い体を懸命に起こして、これまた頑張っています

しかし、同じ土地で、同じ育て方をしているというのに、
この出生時からの違いはナ二???

自然のすることは摩訶不思議
ハハは無事の成長を、ただただ祈るばかりなのデス。
[PR]
by 55B2 | 2005-08-10 09:51 | ぞんな日々☆

地球(儀)の歩き方。

c0064796_9195245.jpg

縁あって、我が家に古~い地球儀がやってきました。
りっきぃの哀願品でゴザイマス。

何年も前から、
「古くて茶色い地球儀が欲すぃよぅ~。買うてぇ~買うたってぇ~」
…と哀願していたから、愛玩ならぬ哀願品(笑)。

今は亡き国…新しく産声を上げた国…
地図の織り成す歴史のロマンに浸るんですって~
確かに…


c0064796_9231045.jpg

ロシアはまだ、
Union of Soviet Socialist Republics
だし…




c0064796_9242370.jpg






ミャンマーだって『Burma』だじょ~。











うむ…深いかもしれぬ。

すると、りっきぃが突然、
目をつぶって指をさした国に、連れてったる!
と夢みたいなことを言い出した。

むむ?地球儀をゲットしての興奮のなせる技か?
ならば、乗らぬ手はなしッ!!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(エイッ。)

り。「…太平洋。 もう一回やってみろ!」

(ウォリァーッ。)

り。「お前、何でまたなんだよッ(←マヂギレ)。もう一回!」

(ヤッ。)

り。「あのさ…こんなに国が沢山あるのに、どうしてお前は…



c0064796_9291494.jpg








アフガニスタンなんだよッ!」












ウチかて、知らんがなー(涙)
[PR]
by 55B2 | 2005-08-09 09:19 | 古いもの☆

『アンタら、食べ過ぎよ…』と、展望台の宇宙人は言った。

c0064796_928013.jpg

ちょっとお久しぶりの更新になってしまいました~(汗)
実はりっきぃの元同僚さん夫妻がNYへ遊びに来ておりましたのです☆

「もう、食べられない…」
そうレストランでツブヤクご夫妻を前に。

(まだまだッ!これからっしょッ!)
…だった自分(トホホ)。

ここで俳人な私は(いつから?)、
おもむろに一句詠んでしまうんですよ~

日本から 友がきて知る 胃拡張

初日からそんなショックに打ちのめされてはおりましたが、
それと楽しさとは別問題なわけで♪(ココに反省の無さがうかがえる)
私達まで爆裂に飲んで、食べて、喋って、笑って、遊ばせていただきました!
ひゃ~

ヤナちゃん&まりこさん、また会える日を
楽しみに待ってま~す!
[PR]
by 55B2 | 2005-08-05 10:36 | ぞんな日々☆