B2NY

b2ny.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Indian Bread Co.

いまや、すっかり市民権を得ているパニーニ(Panini)さんですけれど。
まだヒッソリと市民権申請中な、私みたいなコがいるの…ご存知かしら?

私の名は…ナンニーニ (Naanini)。

シマシマの焼き跡 までつけちゃって、
立派にパクリッ じゃーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!

c0064796_101614.jpg
…だなんて、言いっこなしよ。ウチには、ホラ。
サンドイッチ(Sandwich)さんならぬ、ナンウィッチ さん(Naanwich)だっているんですからね!相当の覚悟がなければ、ここまでパクレないわよ。ふんっ。

ずーっと気になる存在だったらしくて、ぞんはウチの前を通るたびにメニューをもらったり 、ガラス戸からチラチラのぞいたり ~。何ヶ月、それやってたかしらね。
とっとと、入れっての!

…と思ったら、遂に来店よ!いざ、来るとなるとビックリするものね~
そして、私が指名されたわ。ラム肉のナンニーニ (※)。ま。当然の選択ね。

c0064796_1015018.jpg
一口齧るとピリっと辛いのに、噛み締めると干しブドウみたいな甘みがふわ~っと広がって、チーズもヤムヤム♪ナンはパリっとしてる のに、やっぱり少し残るモチモチ加減 がイケテルッ!ナンニーニ。あんた、やるわね!


…何を偉そうに言うか。
でも、ぞんはかなり私に惚れたようね。
燃やしそうな熱い目でメニューを吟味していたもの。
そりゃそーよ。ワタシが誰だと思ってるの?
天下のナンニーニ よッ。ふんっ。

ワタシを試してみたい、そこのハンサムさん。
ワタシと勝負してみたい、そこのお嬢さん。
店でお待ちしていてよ。


(※)
このラム肉のナンニーニの正体は、Spiced lamb slices, caramelized onion, mozzarella and honey mustard…だそーです。
どこが干しブドウの甘みじゃッ!(爆)


■お店情報■

c0064796_100372.jpgIndian Bread Co.
194 Bleecker Street, New York, NY10012
(bet. 6th& MacDougal Street)
TEL:212-228-1909
Indian Bread Co.
[PR]
by 55B2 | 2005-04-22 10:39 | グルメな日々☆

好き好き!大好きブルックリン-☆          Brooklyn Heights/DUMBOの巻

c0064796_1214102.jpg何が我らを駆り立てる?またまたブルックリンでございます!本日訪れるのは、NYで1、2を争うホットなダンボ地区&歴史ある高級住宅街ブルックリン・ハイツ!ダンボといってもですね、あちらこちらで耳のでっか~い象さんがヒラヒラしているわけぢゃ~モチロンございまッせん!(ベタでゴメン)Down Under The Manhattan Bridge Overpassの略なんです。

今回の目的はというと、冥土の土産に一度は住んでみたいと切望するエリア、ブルックリンハイツのお宅訪問&ザガットで6年連続トップの炭火焼きピザ!そして、あわよくば紀宮さまもお越しになったというカフェでお茶の一杯でも…というわけでございました。

c0064796_1222560.jpgまずは不動産会社まで情報を仕入れに参ります。すると、なんと!オープン・ハウスのリストをいただけるではないですかッ!あとはそれを片手に、気に入ったお宅を訪ねるだけ。

こちらのオープン・ハウスは、まだ、住民が住んでいるうちにするので、大抵週末。インテリアもベルサイユ宮殿風アンティーク風Pottery Barn風…など様々☆アメリカ人がどんなお部屋で暮らしているのか?彼らの生活ぶりも覗けて、なかなか楽しめたりするんですよ。

c0064796_12234934.jpgさて。今回拝見した戦前建築ですが、モールディングの細工が繊細ですし、天井も高く、床もガッシリ!現代の職人さんでは再現不能な技術を駆使してあったりするのです。写真は、階段を一階から見上げたところ。優美でしょ!あ。ちなみに、エレベーターもありますので、スーパーの袋を抱えてこれを登るわけではありません(←生活感丸出し・・・)。

…という訳で、この時点までは機嫌よく値段を聞いてみたりするのですが、その後飛び出た目玉を戻すのに苦労致しました(笑)。日本だと古いほど価値が下がる印象ですけれど、こちらではむしろ、建築さえしっかりしていれば100年たっても価値は上がるんですねぇ。地震が無い、からかな?

c0064796_12405036.jpg次は、夢にまで見た行列のできるピザ屋さん!でも、今日はこれが目的のようなものだから、きっちり並んじゃうのだ。反対されても並んじゃうのだ。どれだけ待たされても並んじゃうのだー!…で待つこと30分超(炎天下)、ようやく店内へ!

内部は飾りッ気ゼロのダイナー風。赤いチェックのテーブルクロスがアメリケーンな感じです☆店員さんたちが、ピザとコーラで体を作ってきました系のお兄さんばかりなところも、そこはかとなく嬉しくさせるのだ!(笑)c0064796_1242745.jpg

そして、待ちに待った巨大ビザが台に!(←台にのせないと、他のものが落ちる。笑)生地は薄めトマトもサッパリしていて美味し~!

ピザはSサイズを二人で…というのが、正しい頼み方でしょうな(もー満腹☆)。隣のおじさんは、一人でたいらげてましたが(笑)。しかも食後に濃厚なデザートとコーヒーまで頼んでましたが(笑)。しかもしかも、食前酒としてデカンタ一杯の赤ワインも飲んでおられましたが(笑)。

その後、River Cafeへ!テラス席は30分待ち…で、急遽予定変更!これぞブルックリーーーン!(…そればっか)なカフェ・バーへ!私が近隣住民だったら、毎日ここでお茶したい。で、毎晩ひっかけに来たい(爆)。常連間違いなしです(笑)。そのお店の名前は「superfine」。訳すと『超良い感じ~』って感じぃ~???(誰か私を止めてー)
c0064796_1249879.jpg


c0064796_12444462.jpg寂れた風情の入り口を入った正面にはバー・カウンター。プールバーなんぞもあり。奥のレストランには、60年代頃のポップな家具が配置され、店員さんも可愛い!ここでも貧乏そうな若者たちが気ままに入ってきては、お酒片手に笑いさざめく…そんな図を暴漢傍観するだけでも、ブルックリーーーン♪(←文章力の限界)

c0064796_12461543.jpg私たちは、ここでスペインのデザートなるモノを頼むのですが。これが暑~い一日の〆には極上の一品!一度溶けたアイスを再冷凍すると、ジャリジャリになりませんか?まさに、あの食感!(それって、いいのか…?)ココナッツ味(←りっきぃ説)&コーヒー味のアイスを積み上げたこのデザート、その名も『Blanco&Negro』!(スペイン語で『白&黒』の意味)ぞん的にはこれ…デザートの殿堂入りです!

この後、川沿いや倉庫街を散歩。ここがまた、味があってヨロシッ!かまぼこ型の扉が縦に並んでいるのは、貨物船の荷おろしをしていた頃の名残だそう☆そして、路面に残るレールの跡ですよ!石畳もステキでしょ。

c0064796_22483259.jpgc0064796_22485770.jpg













こ~んな倉庫街がある一方で、古い住宅街も守り~公園もある!ここにはThe Brooklyn Heights Associationなる協会まで存在し、古い建築物を守り~子供の就学環境を整え~植林などで緑を増やす…等、その活動は多岐に渡ります。この地域のステキさは環境を良くしようと頑張る人達あってこそなんですネ。今回ご紹介した以外にも、ま~だまだ見所満載!なブルックリンなんですよ~!

■お店情報■

【情報豊富な不動産屋さん】
Corcoran group brooklyn

【ヤバイほどにアメリケーンな男のピザ屋】
Grimaldi's-19 Old Fulton Street. / TEL:718-858-4300

【うら寂れた感じのカッコイー、レストラン・バー】
superfine-126 Front Street, Brooklyn / TEL:718-243-9005

【入れなかったけど、高級感がプンプンの皇室さまご来訪レストラン】
River Cafe
[PR]
by 55B2 | 2005-04-17 09:58 | NYな日々☆

好き好き!大好きブルックリン-☆         Williamsburgh/Bedfordの巻

NY滞在5年目にして、遂に観光づいてる?な今週のアタクシたち夫婦でございます。
今週末はブルックリンを攻めてみようぜ! ということで、本日は、ここ数年アーティストたちの注目を集めているWilliamsburgh/Bedford まで、短足を伸ばして参りました!

c0064796_736775.jpg我らがウィリアムズバーグへ向かう目的は、ただ一つ☆それはブルックリンの地ビール、その名もBrooklyn Beer でノドを潤すためであ~る!びぃ~るがそこにある限り~実にびぃ~るびぃ~る、びぃ~るぅ~なんである♪

ベッドフォード・アベニューの外れにある、このビール工場。元倉庫を改造してあるだけあって、天井高いッ!空間広いッ!ほんの~りビールな香りの広がるひんやり涼やかな内部。大きな窓から差し込む太陽の光が帯となって、レンガ塀を明るく暖めているのが、これまたよろしッ!しかも。奥の広間で、びぃ~るも飲めちゃうのだからして。

c0064796_731960.jpg
これ以上、何を望めようか!?あちこちにインテリアなのか、置き場がないのか?ビールの原料が袋入りで放置してあったり もして、そんな無骨な感じも◎。そして環境コンシャスな方には朗報!ここは100%風力発電 に切り替えて、地球に優しくびぃ~るを作っているのだよ。

ほれ。この通り、ニャンコもお出迎え してくださるのでございます~☆



c0064796_72227100.jpgさて、耳寄り情報!
なんとツアーに参加すると、3ドルのビールが一杯無料 になります!(チップは忘れないでね♪)そんな私たちは、迷わずツアーへ参加!(=参加費無料)同じ回にこのツアー参加7回目 というツワモノのお兄さんもいて(参加し過ぎだ。)、案内の人も「君以外の人が答えるように!」と釘を刺してからクイズを出すのも可笑しい☆すでに酔っ払っている人もいて、突如叫びだした り。凄いことになってました(笑)。
この人たち、ツアーというより、無料ビールが目当てなのに違いない(アンタもだ)。
※ツアーは土曜日だけですので、ご注意クダサイ☆

ところで、ぞんはブルックリンビールのロゴも大好き なんです~。見ているだけで元気になる!まさにブルックリン!これ、グラフィックアーティストのMilton Glaser 氏に頼んだモノなのだそうです。彼の有名な作品は、I love NY のロゴですね~☆そんな著名人にお願いする財力を持ち合わせていなかった創設者さん…困り果てた末に思いついたのが、デザイナーさんの事務所への電話攻勢 (一言、メイワクだー!笑)。会社の株を少し分けること、一生ブルックリンビールをタダで飲む権利 をプレゼントすることで、約束を取り付けたのだそーな。根性☆

c0064796_739395.jpg
ツアー終了後、ビールのチケットをいただいて、案内のお兄さんに勧められたEIPAっていう種類のビールを飲んでみたのでありますが、絶品なんだな!コリが☆ふ~むと感嘆のあまり唸っていると、さきほど入り口でノンビリしていたニャン が視界に飛び込んできました。

じゃん!そう!そのテーブルの上のフワフワが、ご本猫(笑)。人が何人来ようが、頭のところに何杯のびぃ~るが置かれようが、ゆる~くシッポを揺らすだけ で、一向に気にするそぶりさえ見せない、その大物っぷりに惚れたぜー!アッパレ、びぃ~る猫☆


ちなみに。
見渡す限り、ここに集っていたのは、どー贔屓目に見ても貧乏そうな若者 ばかり(笑)。c0064796_7591411.jpgブルックリンビールを片手に、トランプや明らかに持ち込んだピザをついばんで、楽しく語らっています(ここには袋入りのチップスくらいしか売っていません)。その風情がまた、凄く良かったんです。実際に食べ物を持ち込んで良いかどうかは分かりませんので保障はできませんが、今度こちらへいらっしゃる際には、沢山のお友達とゲームとピザを持参して …っていうのが、サイコー☆ですよ!絶対!もちろんカップルでのんびり~もステキですけれど☆ここに来たら、一日潰すくらいの覚悟で、の~んびりワイワイ楽しんでいただきたいなーと思います。

c0064796_8836.jpgそして、お勧めは古着屋さんBeacon's Closet!ぞんは古物好きな割りには、古い洋服だけには手が出せなかったんです。あの一歩踏み込んだ時に、肺にガツンとくる胸苦しさが苦手で…。でも、ココは別!カッコよくて、量も沢山!服も色分けされているので、選びやすい。店内の作りもお洒落ですよ~。ここの袋を持って歩く若者で、街は溢れていました。ビールの工場の真向かいにありますので、是非覗いてみてください♪ぞんは気に入ったシャツがあったのですが、ツアー終了後に戻ってみたら、もう売れてました…気に入ったら、即買い!これ、ビンテージものを買う時の鉄則です。

c0064796_87220.jpgその後、ウイリアムズバーグ1と噂のお洒落スポット、タイ料理レストランSEAへ!入ると水たまりの中にたたずむ仏像ブランコに揺れるお客(!)がお出迎えしてくれるこのお店、石田純一や今井美紀でも出てきそうなトレンディースポット(死語?登場人物、古?)。とにかく、近隣のお洒落ぴーぽーが集っている印象です。夜なんか凄いんだろうなぁ~。

c0064796_8105654.jpg個室が独立した円筒形になっているトイレが面白いのでお試し下さいね(お試し?)個室内にはテレビ・モニターがあって、お店の外を眺めることができます(その利点は?)メタルの小さなボールをつなげたスダレ状のもので、レストランとお手洗いを分けているのだけれど、それだけで空間は広々とするし、なかなかのアイディアな気がしました。共通の手洗い場がお手洗いの外にあるのも◎!これ!→

おっと、忘れちゃならねぇ~お料理ですが。
タイ料理って、現地でいただくもの以外は、さほどの違いはない・・・そう思っていた私。
c0064796_8201294.jpgゴメンあそばせ。アタクシが間違っておりました!これが美味し~のだッ!!!しかも(お料理が出てくるのが)早い~ッ!!!文句のつけようもありませんでした。Queen of Siam Basilっていうものが特に良かったです。なんたって、女王様ですもの!(写真はTriangle Curry Puffs♪)鶏肉がスパイシーなチリ・バジル・ソースとあえてあるものなのですが、バジルがシャリシャリに揚げてあるのが素晴らしかった!シソの葉を揚げた天ぷらが好物の方にお勧めです♪おまけで、店員さんたちがタイ語を話しているのも嬉しかったな。しかも。メニューも、3ドル~14ドルと、比較的お手ごろなんですのよ。おほほ。がっつりお勧めさせていただきます!

c0064796_8233420.jpgその後、駅まで向かう道すがら、目をつけていたカフェFIXへ。ここはなんていうか、一言で表現すると…薄ら汚い(笑)。

お洒落さと不潔さのボーダーライン上を、春風になぶられてフ~ラフ~ラ漂っている感じ(笑)。布張りソファには座りたくない(虫がいそう…爆)けど、雰囲気は好きでしたねぇ~。時間の流れがここだけ違うんです。じっくりのんびり、創作活動にいそしみたい風情。なるほど、アーティストが集まるはずだ☆
ここの裏口は、CD屋さんに連結していて、ここで視聴したりするのも楽しいですよ☆


そんなこんなで、ウィリアムズバーグの一日は暮れてゆきました。結論を言うと、う~ん。やっぱりブルックリンはいい!一見ボロボロなエクステリアなのに、内実はインターネット環境が完備されていたり(@FIXカフェ)する…そのチグハグさ。存在を忘れていた気持ちの片隅をツンツンと刺激されるような…そんな強~い磁場を感じさせる空気。

今回の日記では書ききれなかったのですが、道を歩いているだけで遭遇するアートの数々!そういったゲリラ的なもの以外にも、ここまでアーティストが集まる土地であるからには、ギャラリーなんぞも存在するのでしょうなぁ。びぃ~るびぃ~る言ってないで、そのあたりも今後開拓していきたいものです(恥)。

今日はなんだか、NY情報サイトみたいな日記になりました♪
…って、スタートは情報サイトだったんだっけ~(爆)


■お店情報■

【飲んだくれにはたまらんびぃ~る工場】
Brooklyn Brewery
http://www.brooklynbrewery.com/Splash.asp?refer=/Default.asp&

【カッコイー古着を探すなら…】
Beacon's Closet
http://www.beaconscloset.com/

【絵にかいたようなトレンディーレストラン】
Sea-114 North 6th Street, Brooklyn, NY11211
    TEL: 718-384-8850

【一線上をフラフラしている危険なカフェ】
Fix Cafe - corner of N11th St & Bedford Ave - Williamsburg
[PR]
by 55B2 | 2005-04-16 07:19 | NYな日々☆

りっきぃの愛用品、ご紹介☆

髪にこだわるりっきぃ氏の、昨晩のシャンプーは?


Perfect Coat 8in1
Gentle Hypoallergenic Shampoo
(パーフェクトコート 8in1 / 頭皮に優しい低刺激性シャンプー)

specially formulated for sensitive skin
contains no perfumes or dyes
(特別に敏感肌用に調剤 / 香料および染料無使用

Unscented. (無香料
























c0064796_13544054.jpg

                 近くに置いてて、ゴメンなちゃい。
[PR]
by 55B2 | 2005-04-13 13:42 | ぞんな日々☆

朝に弱いアナタへ…強~い味方の登場ですッ☆

c0064796_924681.jpg


ね、ね。 これ、なんだと思います???
この写真の茶色いロールケーキみたいなの。目覚まし時計なんですってよ、奥さま!

このClockyさん、な~にが凄いって逃げちゃうのが凄い!(笑)
アラームが鳴る時間になると、この両端についたタイヤを器用に操って、どこかへコソコソっと隠れちゃうんですって!(いやーん)
というわけで、このClockyさんのアラーム音を消すには、1分でも寝ていたい、その時間帯に…起きて隠れ場所を探さねばならないというわけなのデス。

朝に弱~いアタクシとしましては、すっごくヒジョーに無限大に腹立たしい朝が続きそうで嫌なんだけれど、学生さん&お勤め人の皆様、背にハラは換えられませんものね~
でも、時計さんの方も自分の行く末に嫌な予感を感じておられるのか、ずいぶんとフカフカな生地で体を覆ってらっしゃるよーな(笑)。起こされる方も決死の覚悟なら(?)、起こすClockyさんの方も命を投げうつ、投げられ覚悟、蹴られ覚悟、なんでも覚悟の上なんでしょう(笑)。

コレを発明したのは、あの名門マサチューセッツ工科大学の院生さん。
学生さんが発明したというのが、また頷ける!
学生時代って、どういうわけか特に眠たいものだものね~(私だけ?)
この彼も朝、弱いんだろうなぁ~(笑)



【白黒メモ】

c0064796_9243432.jpg

ディズニーの映画に出てくる犬のような動きで走りまわってま~す。
成長が早く、遂に片手で持つことは出来なくなりました。
お互いの顔の噛み心地を確かめております。
[PR]
by 55B2 | 2005-04-12 09:05 | NYな日々☆

微動だにしない働く看板犬@NY。

c0064796_963771.jpg




      
       ジャック?





c0064796_971730.jpg


       
       

       雑貨?
[PR]
by 55B2 | 2005-04-08 09:06 | ワンコな日々☆

ブルックリンの三人衆 元祖貧民の友

c0064796_9365626.jpg

ブルックリンの三人衆 元祖貧民の友』なるスーパーを発見☆
なんとストレートで、分かりやすい経営方針!
騒ぐ血をなだめつつ、買い物に飛び込んではみたものの~


貧民的には、エルムハーストの中国人たちをこそ、
腹心の友と呼びたい・・・(安い中国系スーパーがあるのだ)
そういう結論に落ち着いたのでありました。


でも、元祖っていうくらいだから、他にも貧民の友は沢山いるのかな。
うーむ。ニセモノでもいい。ワンパクに育って欲しい…(意味、分かりませんしッ)
そんな懐かしのコピーが思い出される、ある寒空の日でありました。


c0064796_1322776.jpg
【白黒メモ】

走りますッ。
ものをくわえて、振り回しますッ。
自分のシッポに噛み付こうと、クルクル回転しますッ。
最近は結構、笑える二人なのです。
[PR]
by 55B2 | 2005-04-03 09:11 | NYな日々☆

Corner Bistro ★★★☆☆ (by ハンバーガー大魔王)

c0064796_12265724.jpg
ハンバーガー大魔王 を目指すりっきぃのお供で、近所のバーまで噂のハンバーガーを攻めに行ってきました☆

やっぱり、大きい のかな~?

ドキドキしていたのだけれど、出てきてみたらペロッ と、そらもぉ~簡単に!へい。
嗚呼、自分の胃がコワ~イ☆
(しかも、風邪ひいてるのにサ…)

お味はといえば、野菜が少ないから、
ちょいと胃がもたれちゃいまするね。
完食しておいて、ナンですけれど(照)。




c0064796_12111616.jpg

ところで、今日は近年稀にみる大嵐
フツーに歩いているだけなんですよ。
なのに、あっという間に…傘がこんなポキポキ(涙)。
お前たち。そーまでして、バーガー食べたいか…。

帰りにコエンザイムQ10買いまちた。
美肌夫婦なるか???



■お店情報■

c0064796_12272645.jpg
【Corner Bistro】
331 W. 4th St. New York, NY10014-1901
@Jane St.
212-242-9502
[PR]
by 55B2 | 2005-04-02 09:37 | グルメな日々☆

鏡の魔力

c0064796_11491617.jpg


鏡よ、鏡…世界で一番美しいのは誰?
シンデレラの継母が、そう尋ねたのは有名なお話。
これ、鏡の魔力に取り付かれた女性としては、世界一有名な人。
次点の、テクマクマヤコンも然り(?)。
だが、女性ならば(今の時代なら男性でも…?)一度は、
鏡にとりつかれる時期があったのではないかと推測する。


かくいう我輩も、小学校3~4年生のころが鏡占有率のピークであり、
その後、どんどん短くなってゆく(早くて短ッ)。
山場(何の?)を越えた今となっては、一日を通し、長くて賞味15分。
むしろ見なくてもいい、くらいの気分かもしれない(爆)。


当時の我輩が鏡の前で何をするかといえば、
登校前に長かった前髪を中央で二つに分け、パッチンどめで留めるため。
それだけのために、何十分も費やしていたのだから、うーむ。まさに魔力☆
「そんなに鏡見たって、何も変わらないよッ!早くどきなさい!」
との父のイヤミな「口撃(口による攻撃)」もなんのそのである。
今の大人の分別で見れば、
ごもっともでございます 」と、コウベを垂れさせていただくべきご意見ではあるが、
なんせ、当時は夢見る小学生。
いかに美しくパッチンと音をさせて、髪を留められるかが死活問題であり、
美しくなれるか(あくまでも自分の定義内です)どうかの決め手でもあったのだ。
私、鏡の魔力にとりつかれた女性としては、おそらく世界一無名な人 (爆)。


ところで、友人の美人姉妹のところは凄まじかった。
それは、高校時代にさかのぼる。
美人妹が鏡を占有することに、常々腹を据えかねていた美人姉。
「口撃」による効果なしと見るや、実力行使に出ることを決意したのだった。
まずは、鏡の前でウットリする美人妹の背後から無言で忍び寄り、
彼女の美しくセットされていたであろう後ろ髪をサッと引っつかむ …と同時に、
彼女の膝を抜き 、床に転がした瞬間から髪を引っ張っての引き回しの刑
そのままズルズルと洗面所から転がし出したという。響き渡る怒号と絶叫。
そこまでしなくても…そう思ったアナタ。
これこそ、一乙女を鬼にする鏡の魔力の底力 …なのさッ☆


そういえば。
オルコットの若草物語は、麗しい姉妹の愛の物語としてツトに有名であるが、
その鏡争奪戦も凄まじかったのではないかと察する。

だって、4姉妹に鏡一つ?

おぉ、くわばら、くわばら。
女は鏡を前にすると、鬼と化す。
かくも鏡の魔力は凄まじきものかな、なのだ。
[PR]
by 55B2 | 2005-04-01 11:48 | ぞんな日々☆